So-net無料ブログ作成
検索選択

優勝インタビューに見る朝青龍のしたたかさ [ニュース]

朝青龍が5場所ぶりに優勝した大相撲初場所。
白鵬との優勝決定戦に勝った後、目も潤んでいたようだったが、
表彰式前のNHK藤井アナウンサーによる優勝インタビュー
私は朝青龍のしたたかさを見た。

場所前はあれだけマスコミや評論家から酷評されていただけに、
好き勝手なことを質問されるのが嫌だったのだろう、
「朝青龍が帰ってきました!」と言って国技館内の観客に両手を挙げてアピール。
最後にはモンゴルの皆さんへと言って、モンゴル語であいさつしていた。

結局、藤井アナ主導の質問はなく、というか朝青龍がスキを与えなかった。
まるで相撲の取り口みたいだが、答えるのが難しい質問をさせないために
自分から一方的に話したいことを話したという感じである。まさに横綱相撲(笑)。

今場所は朝青龍が強い、というよりも
大関以下の力士がふがいなかった、というのが適切だろう。
あれだけ崖っぷちで場所を迎えた横綱に白鵬以外誰も勝てなかったわけで。
相撲をつまらなくしているのは彼らのせいだと言われても仕方あるまい。
それとも朝青龍の威圧感はそれほど凄いのか。力士もマスコミも震え上がるほどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。