So-net無料ブログ作成
検索選択

セクハラ状態って [ニュース]

自民党総裁選は誰もが予想したとおり、麻生太郎幹事長が選出された
競馬のオッズで言えばガチガチの1.0倍、完全なる出来レースであった。

日本経済が崖っぷちに立たされているのに、総裁選が終われば皆仲良し、
「自民党万歳」なんて唱和している場合なのだろうか?

気になったのは、国会議員票は5候補にある程度ずつ分かれた
(それでも麻生氏が過半数を制したが)一方で、
地方票(各都道府県連3票ずつ)141票中134票を麻生氏が取ったということ。
「結局麻生氏で決まりでしょ」といった空気が全国に蔓延していたのか。

自民党としてはこれから先、民主党との戦いになるわけだが、
となると候補者だった5人の政策もすり合わせていくのだろうか。
候補の一人だった小池百合子氏
「最初は5人の政策がバラバラだったのが、
今ではみんな抱きついてきて、
私はセクハラ状態でしたよ」

といった(一言一句正確ではないけど)発言をしていた。

この発言は「報道ステーション」で流されたもので、
他局のニュースでは見つけられなかったが、
この小池女史のコメントは一体何なんだ!?

キャスター出身ということもあって「言葉にセンスがあるのよ」的な所
時折見られるのが鼻につくタイプなのだが、今回の発言には正直呆れた。
5人の候補者の中で自分が紅一点であることを踏まえてのコメントなんだろうけど、
普段糾弾の対象としている「セクハラ」という言葉を、
受けを狙ったかのようなコメントで使うもんじゃないでしょう。


あまりニュースの本筋ではないエピソードではあるけど、
ある意味麻生氏と同じレベルの失言にとられますよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。