So-net無料ブログ作成
検索選択

「アタック25」を熱く語る [テレビ]

日曜の午後に放送されている長寿クイズ番組「アタック25」について。
http://www.asahi.co.jp/attack25/

30年間も放送されているので、一度は見たことある人がほとんどでしょう。
一般解答者4人の早押しクイズで、正解するごとに
5×5=25枚のパネルの1枚ずつ取り、オセロゲームのように展開していく。
番組開始以来ほとんどスタイルを変えない安定した番組である。

私もクイズ好きで毎回見ているのであるが、
単純さの中に奥深さを秘めていて、飽きずに見続けることができる。
前半でいくら正解を重ねても、終盤に数回の正解でひっくり返されることもあり、
単純に「正解数が多い人が勝ち」とならないところが面白い。

20枚が埋まったところで発生する「アタックチャンス」もスパイスとなっており、
正解すると21枚目を取った上に、既に埋まっているパネルから1枚を外すことができる。
次に正解すれば取ることができるわけで、勝敗の分かれ目になりがち。

このゲーム(と呼ばせていただく)はパネルの取り方が重要になる。
解答者のなかには「?」と思わせる取り方をする人がいて、
そういった「疑問の一手」に対しては司会の児玉清氏がツッコミを入れる。
「ここはおとなしく○番に行くかと思ったのですが」
「なぜ角(かど)を取らないっ!!」
30年も司会をしていれば「定石」を知り尽くしているからなあ。
局面ごとに披露される解説もなかなかのもの。

ここに登場する「角」というものが勝負の要になる。
5×5=25マスの四隅のパネルのことを「角」と呼び、
これらのパネルは他の色に挟まれることがないし、
今後のパネル増やしの拠点になるので「角を制する者がアタック25を制する」わけだ。
児玉氏も「さあ、角を取る戦いが始まるわけですが」などと言うわけである。

そして、この児玉清氏抜きにはアタック25を語れない
71歳とは思わせないテンポの良い司会ぶりと博識である。
もともとかなりの読書家で、外国の文学作品も原書で読むほどらしい。

児玉氏が番組で発する名セリフの数々は次回(おそらく明日)のブログで。
# 書いていたら相当長くなってしまったので……。

最後になりましたが、トラックバックさせていただきました。

飽きさせない老舗の味・「アタック25」花見で一杯)
   http://blog.goo.ne.jp/side1301aoki/e/d03a0d5dfb72f294fad7c6e555900d22
  私も同感でございます。絶妙の味が出ている数少ない番組ですよね。


【おことわり】
バックデートしてアップします。サーバが混んでて24時をまたいでしまいました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 2

サミアどん

児玉清さんが亡くなってから、1年4ヶ月になります。
私は児玉清さんが生きていたら、一緒に東京渋谷にある、SHIBUYA109へ買い物をしたり、プリクラを撮りたかったです!!
児玉清さんと一緒に撮ってみたいプリクラ機は、RUMOR・カオフェチ・MiLK Beauty(ミルクビューティー)・Heroine Face(ヒロインフェイス)・BF love&fashion(ビーエフ)・LADY BY TOKYO(レディバイトーキョー)・7iRO Co.(ナナイロコーデ)・100% REALCAWAii(リアルカワイイ)・美顔ラボ3・S・E・L・C(エス・イー・エル・シー)Lumi3・candy carnival(キャンディーカーニバル)・美人プレミアム・クイーン・オヴピンク・KAGAMI(カガミノマホウ)です!!
※ちなみに、クイーン・オヴ・ピンクは平成24年3月末に、美人プレミアム・KAGAMI(カガミノマホウ)は7月末に携帯画像転送サービスを終了しました!!
by サミアどん (2012-09-08 12:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。